住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税限度額

2020年3月31日までに契約を締結すると非課税額が2,500万円となります。
2020年4月1日以降も2021年12月31日まで継続実施されますが、
非課税限度額が順次縮小されるのです!

住宅用家屋の新築等に係る契約の締結日 非課税限度額
平成31年4月1日〜令和2年3月31日 2,500万円
令和2年4月1日〜令和3年3月31日 1,000万円
令和3年4月1日〜令和3年12月31日 700万円

住宅取得等資金贈与の非課税制度とは

父母や祖父母など直系尊属から住宅資金の贈与を受けた場合に一定の要件を
満たせば非課税限度額までの金額について贈与税が非課税となります。
相続税の生前対策として活用できるのです。
各種要件など詳しくは係員までお尋ねください。

来場予約

国税庁のHPでもご確認頂けます。