千里で唯一※1駅徒歩1分の立地の
80㎡超えの住まいには
メリットがあります。
G type Living

01住まいの広さの理想とは

国土交通省は「世帯人数に応じて、豊かな住生活の実現の前提として多様なライフスタイルに対応するために必要と考えられる住宅の面積」の水準として誘導居住面積を定めています。

  • 都市居住型 誘導居住面積水準(集合住宅想定)
  • 単身者:40㎡ 2人以上世帯:20㎡×世帯人数+15㎡
  • ※3歳未満:0.25人、3歳以上6歳未満:0.5人、6歳以上10歳未満:0.75人として算定

  • 夫婦2人や子供が小さく
    広さが必要なくても、
    子供が増えたり大きくなるので、
    広さはいずれ必要になります。
    またその他の理由で、もし手離すことになっても、
    駅徒歩1分の物件は
    価格が下がりにくいので、
    資産価値維持が期待できます。

02「ゆとりある広さ」で
実現できることとは

マンション購入者へのアンケートによると物件を購入の理由、
物件購入をするうえで重視した項目とも上位に「広さ」が挙げられる。

  • ※「2018年関西圏新築マンション契約者動向調査(株式会社リクルート住まいカンパニー)」より抜粋

  • 子供の脳の発達には、様々な刺激が大切だと
    言われています。住まいの広さを確保すると、
    子供はたくさん動き回ったり遊びを考えたり
    外遊び以外でも家の中で良い刺激を与えられます。

03広さを確保した
マンションの希少性

近畿圏新築マンション 専有面積推移

2018年の新築マンションの一戸平均専有面積は62.62㎡で、過去10年の動きを見ても、2008年の73.98㎡と比較しても11.36㎡縮小している。
  • (東京カンテイ調べ 2019年)

新築マンションの専有面積帯別シェア推移

近畿圏の80㎡以上100㎡未満は、2016年以降 16.6%→15.2%→15.0%と縮小が継続。
100㎡以上も僅かながら縮小している状況である。
  • (東京カンテイ調べ 2019年)

新築マンションの徒歩時間別供給シェア推移

新築マンションの徒歩時間別供給シェアは悪化し平均6.2分。
近畿圏は3分以内と4分〜7分の合計シェアが70%を超える状況が常態化していたが、2018年には66.4%と70%を下回った。
  • (東京カンテイ調べ 2019年)

  • 過去10年で比較すると
    新築マンションの
    平均専有面積は73.98㎡から62.62㎡
    縮小傾向となっており、
    広さを確保したマンションは、
    希少性高い

G type Living
※1 千里ニュータウン内における過去23年間の新築分譲マンションにおいて、200戸以上かつ住居専用地域の物件は史上初となります。(2019年3月/(有)MRC調べ)
※室内写真は(Gタイプ)2018年2月撮影したものです。一部オプション仕様等が含まれている他、調度品・備品・照明等は販売価格に含まれておりません。
※人物写真は全てイメージです。
※徒歩分数は80mを1分として算出した現地からの地図上の概測時間です。

PAGE TOP